アトピー肌のニキビ跡、クレーターの対策

ニキビ跡のクレーター対策で後悔…アトピーの私の体験談

【神奈川県・ケイコ・26歳】さんの体験談です。

 

私は子供の頃から肌が弱く、小児アトピーや日常的な肌荒れに悩まされていました。
ニキビも子供の頃から出ていたのですが、出たり治まったりの繰り返しで特に何かのケアをしていたわけではありませんでした。

 

特にお肌の調子が悪くなったのは10代です。思春期の私自身がとてもめんどくさがりかつ…長続きしない性格なので日常のケアも怠りがちでした。
洗顔は毎日してはいましたが、お肌に今のように気を使った優しい洗い方、成分なんか気にしないでゴシゴシ洗ってしました。

 

しかし社会人になり、身だしなみとしての化粧をする時になってニキビが大きな問題となりました。
化粧をすると肌が痒くて仕方ないのです。

 

 

急いで市販のニキビ薬などを数種類ほど試しましたが効果がなく、皮膚科に行くことに。
軟膏と体質改善のための漢方薬を1年続け、ニキビは出なくなりました。

 

 

ですが…問題は酷いクレーター型のニキビ跡でした。

 

アトピーの私のニキビ跡の対策。クレーターを薄くする特効薬はありませんでした

自分の肌にあったスキンケア用品が中々見つからず、紫外線対策なども怠っていたことが祟ったのか、頬には赤みや色素の沈着、そして写真でもわかるような深いクレーター型のニキビ跡が残ってしまいました。

 

 

私がまず取り組んだ対策はスキンケアの徹底でした。

 

 

朝はお湯のみでの洗顔、夜は洗顔料を使っての洗顔を行い洗顔後はすぐに化粧水、乳液、美容液でしっかりとケアをしました。それ以外にもプロテインとビタミンサプリメントと亜鉛サプリメントを摂取し、夏場はなるべく紫外線に当たらないように日傘や日焼け止めクリームを使用して更なる赤みや色素沈着の悪化を予防しました。

 

 

汗をかいた時は適度に汗拭きシートで顔を清潔にして炎症があったしないように心がけました。
効果がすぐに出るという期待は持たず、「2,3か月くらいは覚悟しよう」くらいの気持ちでやりました。

 

 

その甲斐あってか段々と赤みが取れていったように感じました。

 

 

現在でもそれらのケアを継続しており、その結果新たにニキビができることはなく赤みや色素沈着は少なくなりましたが、完全に消えたわけではありません。凹凸の深い場所はクレーター専門化粧品ベルブランクリームを今使用しています。使ってみて2か月ですが、少しは薄くなってると感じています。

 

 

アトピーの私の場合はとにかく早期の治療、そして毎日のケアや予防などを徹底することが大事だと思いました。酷くなった後、傷みたく残ってしまうからです。

 

 

皮膚科で相談したら、凹凸が無くなる特効薬はない…こんな話をされました。正直、こんな風になるまで放置してしまったのは、毎日のスキンケアが面倒に感じたからです。

 

 

同じように感じる方は、自分が続けやすい範囲で継続していくことを目標にすると取り組みやすくなって改善が望めると思います。

page top