ニキビを潰す癖からニキビ跡に。改善方法は?

ニキビを潰す癖からニキビ跡に…解決改善した体験と改善した方法

【青森県・40代・リンゴ】さんの体験談です。

 

今回紹介するのは実際に自分自身も肌質とニキビ、ニキビ跡に悩んでいた事と解決法と実際にどうやって治したのかという改善法をご紹介したいと思います。

 

 

まず、悩みがスタートしたのは10代の思春期の頃からでした。

 

 

どうしても、思春期になると体質も大人になってくる影響と、ホルモンバランスでニキビができやすい体質になってしまい悩んでいました。

 

そんなある日、テレビや雑誌を見たときニキビはつぶして治すというフレーズを知り、その日から治りかけブニブニしたニキビは基本的につぶして無理やり引っ込ませるようになりました。これは癖になってしまいました。

 

今ならすぐ一番ダメなやり方とわかります。ですが、当時は情報も少なくて聞くのも恥ずかしいと感じてしまいました。

 

10代中盤、高校生になると、潰す習慣のせいでニキビが顔じゅうにできみるみる増えていきさらに、ニキビ跡で悩む羽目になってしまったんです。

 

そんな時、実際にプロアクティブやサプリメント等で何とかニキビ跡を消したい気持ちで利用していましたが…
消えることはあまりなく、中々きえてくれず途方に暮れていました

 

ニキビを潰す習慣からニキビ跡に…改善したスキンケア方法

10代から間違った情報を真に受けてしまって、ニキビを潰すクセがついてしまった私の顔はニキビ跡だらけになってしました。

 

 

そんな私の解決策は、ヒアルロン酸、プラセンタが配合してある化粧水で毎日ケアをするという当たり前のことだったんです。

 

 

始りは些細な疑問からでした。

 

 

毎日ちゃんと洗顔をしていてもみるみるニキビが増える事に疑問を感じ自分で原因などを探り化粧品について調べるようになり、自分自身の肌で、自分だけの力で試そうと思いました。色んな事情があって身近に相談できる人がいませんでした。洗顔フォームだったのを固形の石鹸に変えてみました。

 

 

それと同時に化粧水なども、エタノールフリーと表記してあり必ず裏面の成分表にエタノールと書かれていないものを選ぶように心がけました。

 

 

また、ニキビ跡を消すために定期的にローションパックという肌理論に沿ったスキンケアを行いました。こちらのケアは、あの美容業界でも有名な佐伯チズという美容家が開発、第一任者という事で週1ペースで行いその際の化粧水はヒアルロン酸、プラセンタが配合してある化粧水を使用し普段のケアの代わりに行って少しずつ跡を減らしていきました。

 

 

思春期の頃は美容成分なんて気にしないで、有名なメーカーのものばかり気にしてましたが、1年スパンでスキンケアを真面目にするときに有効成分が配合されているものを使い続けるのと、なんとなく評判がいいから…といって変えてしまうと改善は難しかったです。

 

 

週1の佐伯シズさん監修のローションパックとヒアルロン酸、プラセンタ配合の化粧水を1年続けたある日、やっと跡が消え綺麗な肌に生まれ変わりました。

 

 

ニキビ肌は体質的に脂性肌が多いのが特徴だと感じるため、必要な脂質まで落とさないように、
できるだけダブル洗顔はしない、そしてクレンジングも優しいものに変えるとより、ニキビ跡が改善されると思います。

page top